読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぐろぐ

まぐろぐ−さかなのこと、伝えたい。広く。浅く。楽しかったらなお良し。

【2012年マレーシア釣行】序

長編 12マレーシア 釣りのこと

--「夢を叶えるという発想」が生まれた。シンプルなできごと。その序章。

 

 

釣りと、魚が好きだ。

 

けど、それで食っていくビジョンは見えなかった。

周囲に流され、とりあえず入った大学。
食いっぱぐれないだろうと、とりあえず選んだ工学部。
講義に身が入らなくなるまで、そう長い時間は要さなかった。

当時、大学二年生。
何を目指しているのかわからなくなっていた。

僕は何歳まで、何の意気込みを持って生きるのだろう。
死んでるようには生きたくないなぁ。

伊坂孝太郎の小説を読み、そんなことを思っていた。

できるなら、釣りをして暮らしたい。
憧れの魚を釣って回りたい。

小学校の文集では「将来の夢」に「アマゾンで釣りをする」と書いた。
周囲の人たちには「一番実現しそう」と軽く言われた。
かかる費用、日程の確保、それらがとても高いハードルであると
小学生ながらに感じていたんだ。

憧れの魚に出会う。そして、願わくば釣りを通して出会いたい。
幾度となく口にした「夢」は、発するたびに遠いものとなり、
永久に実現しない出来事として自らの中で燻り続けていた。

 

 

「夢は叶えるもの」その意味を知る

ある日、一冊の書籍を見つけた。

表紙にはでかいピラルクーと、それを抱きかかえる青年が載っていた。
おもむろに手に取り、その場で一時間ほど立ち読みしてしまった。

それは釣行記だった。
ある青年が、少ないお金と潤沢な情熱を持って海外を飛び回る話。
図鑑でしか見たことの無いような、憧れの魚たちを捕まえに。

 

震えた。

 

自分と年の変わらぬ若者が、こんなにすごいことを成し遂げている。
素直に尊敬すると同時に、「自分でもできるのではないか?」というその
あまりのハードルの低さに胸が高鳴っていた。

その日、僕は海外に行くことを決めた。
「生きがい」が生まれた瞬間だった。

 

 

次→

hondylog.hatenablog.com